超電導倶楽部web!

超電導倶楽部の公式blog アニメ制作と活動報告その他

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

月見ねぎとろのアニメ講座! その①

もひゃーん!!
はいはい!どうもお久しぶりです!月見ねぎとろです!

2月はどこの誰が言い出したのか、新アニメ企画は既にデスマーチ!外部案件盛りだくさん!
というこの忙しい時期に、ツイッターやブログで情報発信の強化を図ろう!という強化月間だったりしたので、
なんだかんだの回ってくる仕事に悲鳴を上げつつも、やはり@SCC_PRのフォロー数とかが増えるのをみるに、
「あぁ、たくさんの人に支えられてるんだなぁ」と改めて実感できてうれしかったり。と。
やっててよかったPR!
今後ともよろしくお願いいたします!



さて、と、個人的に、ではあるのですが
超電導倶楽部Webの新しい中の人、通称「坪井」嬢とはだれぞや??
と、何度か質問をいただきました。

確かになるほど、読み返してみると、ほとんど具体的な自己紹介をして無いですね、あんにゃろめは…。

zigazou2.jpg
↑ 「坪井」本人による自画像。
ねぎ「何で鳥なの?」
つぼ「ハト好きだし。」
ねぎ「何でアホ毛なの?」
つぼ「かっこよくしようと思って…。」

…わ、わからん…。

そもそも、超電導倶楽部の制作進行や仕上げって、
コレじゃ何のことだかわからんですね;;

実は、 『制作進行』『仕上げ』 も、アニメ制作の役職名で御座います。
と、いいましても、普通の人はアニメの制作上の役職、なんて、
『監督』 とか 『プロデューサー』 くらいしか聞いたことないと思います。
もちっと詳しい人になってくると、『原画マン』『動画マン』『音響監督』 なんてのも耳に覚えがあるかもですが…

『制作進行』ってのは、なかなかどうして聞き覚えが無かったり、
どんなことをする役職なのかイメージしづらかったりするんじゃないでしょうか?


さて、というわけで、今回はわたし月見ねぎとろがなんとなーく
制作進行とは何ぞや!?というあなたの疑問に、ずばりお答えいたします!





いきなりですが、 ぶっちゃけますと、

アニメは『制作進行』さえいれば、
『監督』不在でも完成します。
(ずぎゃーん!)

おぃおぃ、イキナリ、そんな世のアニメ監督を全否定するような妄言を吐いてよいのか!?…と思う人も多いでしょうが、コレを認めなきゃ、世の制作進行を全否定しているようなものですので、極論ではあるけど、言い切っちゃいます。

端的に言うと、アニメ制作は、
『より良いものを作るために品質管理をする』 → 『監督』、と
『納期までにアニメが完成するように管理をする』 → 『制作進行』、の二人三脚で制作されるのです。


まぁ、ウチの場合とTVアニメ制作の場合ではかなりの違いがありますが、どっちにしても、
アニメ制作ってのは、数十数百のスタッフがかかわり、数百のカットをつくり、数百枚の書類と設定資料が生まれるわけです。
ぜーんぶ監督がチェックして管理してたら、監督は作業量の多さにつぶれてしまいます。

なので、制作進行が、このシーンの制作は××日からだから、それまでにスタッフを確保して、必要な資料をそろえ、期日までにカットを回収する、という仕事を行います。
一方で監督が、この設定資料はコレでOK、コレはボツ、このカットはコレでいいけど、ここは修正する、と言う仕分け作業をすることになるのです。

もちろん、監督が「ここ、リテイクしたいんだけど。」と、言っても
制作進行が「だめです!そんなことしてたら間に合いませんから!」と、言ったら
基本的には「間に合わせること」が優先になるため、リテイクできないこともあります。


そんなわけで、まったくリテイクせずにぐちゃぐちゃのままとりあえず、アニメが完成さえすればOK!
って、場合、監督って役職は一切関与しなくても制作進行だけで、現場が回っちゃう…なーんてこともあるとかないとか…。
まぁ、それがいいことなのか、悪いことなのか、そういうことはよく解らんですが^^;


もっとも、超電導倶楽部の場合、監督(つっても、ぼくですが^^;)自ら作画をやってますし、
カットの整理整頓をしたり、カットの管理表を作ったり、と、制作進行の領分に片足以上突っ込んでたりもします。(超電導倶楽部はとにかく人数が少ないのだ;;;)

一方で、「どのスタッフにどの仕事をまわすべきか?」と、いった判断は坪井がほぼ全て行って完成したのが「ハレルのながれぼし」だったりします。



そんなわけで、縁の下の力持ち『坪井』と超電導倶楽部をよろしくお願いいたします!
スポンサーサイト

「ハレルのながれぼし」DVD増産!

先日完成したアニメ「ハレルのながれぼし」において監督を努めさせていただきました、…と、いいつつも実際には監督といえるほどの活躍もしておらず僕のような何でも屋兼雑用係みたいな人が監督とクレジットされるのは本物のアニメ監督さん達に失礼だ。と、最後までスタッフロールに監督とクレジットをすることに反対した他、制作中も極力監督とは名乗らなかったのですが…それじゃあ示しがつかんから等々、スタッフと学校の指導員の方々に何に対する示しなのか全くわからないけどとにかく再三にわたる指摘を受けまして…

ようやくアニメ監督となりました!おはようございます!なんちゃって監督、月見ねぎとろです!


先日の卒展で10枚だけ販売したこちらのDVD
ハレルDVD

実は、学校のO塚教授からの要望で、100枚増産することになりました。
このDVD、学校のオープンキャンパス他、いろいろなイベントで配布されたりするらしいです。


…と、言っても、基本的に業者に発注してDVDを焼いてもらうほどの予算は我々超電導倶楽部にも学校にも無いわけで、同人のコピー本よろしく、ちまちま手作業でラベルを印刷して箱詰めしていくしかないんですよね。
P2180069.jpg
な、わけで、この土日はひたすら裁断作業や焼きこみ、箱詰めをやっておりました!


裁断
裁断作業というのは、このようにA4マット紙に印刷したラベルをパッケージに収まるサイズに切り出す作業のことです!


















コレを…100枚っ!!!












……じゃっきんこ。  ……じゃっきんこ。


……じゃっきんこ。  ……じゃっきんこ。


……じゃっきんこ。  ……じゃっきんこ。


(一人むなしくゼミ室で紙を刻む音)


裁断
超電導倶楽部の場合
監督って大体こんなお仕事。

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。